気になるシミは皮膚科で治療しよう|改善方法をリサーチ

紫外線が原因の場合

看護師

紫外線が原因のシミは紫外線によるダメージで、メラニン色素が沈着した事で起こります。このタイプのシミは皮膚科でのレーザー治療で、解消する事が可能です。Qスイッチルビーレーザー・ヤグレーザーが向いています。

Read More

クリニック選びの仕方

女の人

施術内容で選ぶ

美容皮膚科クリニックでは、様々なシミ消しの施術が受けられます。それぞれのクリニックで施術内容が違ことがあるので、ホームページで施術メニューを確認するのがお勧めです。通院なしでシミを消したいなら、炭酸ガスレーザーやQスイッチヤグレーザーが有効です。炭酸ガスレーザーなら、消したいシミに狙いを定めて蒸散できます。一回でしっかり消せて、料金はシミ一個5千円〜1万円です。Qスイッチヤグレーザーも、同じくらいの料金で受けられます。レーザー関係はとても需要が高いので、多くの美容皮膚科クリニックで普及しています。シミの中でも治療が難しいと言われているのが、肝斑です。更年期が近くなると、頬の高いところに左右対象にぼんやりと浮き出てくる、淡褐色のシミが肝斑です。肝斑ができるのは、閉経近くなってエストロゲン(女性ホルモン)が急激に減少することが原因です。また、日常的にフェイスマッサージやクレンジングを繰り返していると、その摩擦によって肝斑ができることもあります。それ以外にも妊娠や出産、ストレス、紫外線なども、肝斑が出来る、または濃くなる原因です。肝斑の治療法には、飲み薬を飲む方法と、レーザーや光を照射する方法があります。飲み薬で治したいなら、トランサミンやシナールを出している美容皮膚科クリニックがお勧めです。飲み薬の場合、即効性はないですが、毎日飲んでいると肝斑の予防や改善ができます。院内で治療をしたい場合は、レーザートーニング一択です。普通のレーザーの場合、肝斑に照射するとメラノサイトが活性化して濃くなるリスクがあります。しかし、レーザートーニングならメラノサイトを活性化させることなく、メラニンだけを破壊することができます。濃い肝斑の場合は3回以上照射を繰り返すのがおすすめです。定期的にレーザートーニングをすれば、肌のコラーゲンの生成が促進し、毛穴の引き締めや、しわの改善などもできます。肝斑を消してさらに高い美容効果を得たいなら、レーザートーニングを導入している美容皮膚科クリニックを選ぶ事をお勧めします。

外用薬と内服薬

顔を触る人 シミを皮膚科で治療するときの方法のひとつが薬を使用した治療です。外用薬と内服薬があります。外用薬においては肌に対して強い成分が使用されていることから副作用を防ぐためにも用法を守ることが重要なことです。

Read More

レーザー治療のいろは

カウンセリング

レーザーによるシミ取り治療は、一般的な皮膚科でも受けることが可能になるほど手軽なものとなりました。費用面だけでなく、痛みも軽減されほとんど感じることはありません。術後についても、治癒を早めることができるよう惜しみない努力が続けられています。

Read More

治療は簡単に実践できる

美容整形

シミの治療は、美容皮膚科クリニックで簡単に実践できます。まずは評判を確かめてから、カウンセリングの予約を入れましょう。料金設定は場所によって異なるので、前もってホームページなどで確かめておく事が大事です。

Read More

様々な治療法

カウンセリング

年齢を重ねると肌トラブルが起きやすくなります。なかでもシミは多くの人が悩み、自己流の対策を行なっているでしょう。しかし、自己流の対策では満足のいく結果を得られないことがほとんどです。なので、美容皮膚科で専門的な治療を受けることをおすすめします。

Read More

Back to Top