気になるシミは皮膚科で治療しよう|改善方法をリサーチ

レーザー治療のいろは

カウンセリング

受診する前に

顔にできた「シミ」は、たとえそれが害のないものであろうとも可能であれば取り去ってしまいたい、と多くの方が望むものです。シミを取る最も簡単な方法の一つに「レーザー治療」があります。しかし、その手術に踏み切ることは、時に勇気を必要とします。その理由は人それぞれ様々ですが、「費用面」であるとか、「痛みの程度」に不安を感じ、躊躇してしまう場合があります。あるいは、術後のケアなどを不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。初めて美容皮膚科を受診する前に、知っておきたいことをまとめました。まず、中でも多くの方が気にかかるであろう費用面についてです。十数年前までは、美容外科手術は大変に費用が高く、とても気軽に受けることができるようなものではありませんでした。ですが、近年は医療の進歩により、レーザー治療機器の値段も大きく下がりました。このことにより、レーザー治療は、美容皮膚科クリニックだけでなく、一般的な皮膚科でも受けることが可能になりました。機器の値段が下がったことによりレーザー治療にかかる費用も大きく変化し、もはや費用面での心配はほとんどないといっても良いでしょう。次に、治療により感じる痛みについてです。レーザーを患部に当ててシミを取る、と聞くと、大きな痛みを感じてしまうのではないかという不安を感じるのではないかという疑問を持つ方も多いようです。しかし、実際には治療による痛みを感じる方は極わずかです。痛みに敏感な方や痛みに対し強い恐怖を感じる方は痛みを感じることもあるようですが、それもまた軽いものです。また、医師は常に患者の負担を軽くするための努力をしています。痛みを感じやすい方には麻酔を施すこともあります。最後に術後のケアについてです。レーザーによるシミ取りの後、患部にガーゼやばんそうこうを張る必要がありますが、これを無理にはがしてかさぶたまでも一緒にはがしてしまい、治癒が遅れてしまうケースもあります。その理由の多くが、「顔にガーゼなどを張っている姿を見られたくないから」というものです。確かに一目は気になるかもしれませんが、完治までに余計に時間がかかってしまうため、絶対に避けるべきです。肌色のものを使用する美容皮膚科もありますので、事前に医師と相談することをおすすめします。

Back to Top