気になるシミは皮膚科で治療しよう|改善方法をリサーチ

外用薬と内服薬

顔を触る人

用法を守ること

シミを改善する方法のひとつが皮膚科での治療です。シミができる原因にもさまざまなものがありますが、皮膚科において診断を受けることで原因を明確にすることができ、最も適している治療を受けることができることがメリットです。皮膚科において行う治療には外用薬、内服薬などの薬剤を用いたものとレーザーを用いたものがあります。外用薬を用いる治療のメリットは処方された薬を塗ることでシミを改善します。指示されたとおりに塗ることが大事で、用量や用法を守らないと副作用があらわれる可能性もあります。外用薬として処方される薬としてハイドロキノンとトレチノインがあります。ハイドロキノンは漂白作用を持った薬です。塗ることによってシミを薄くしていきます。ドラッグストアなどで販売されている市販のシミ消しの薬にも含まれているものもありますが、皮膚科で処方されるものはさらに強力なものとなっています。用法を守らないと肌の色が抜けてしまう副作用があります。トレチノインは肌のターンオーバーを促す塗り薬です。シミができる原因のひとつに肌のターンオーバーが関係していることから、トレチノインを塗ることで肌のターンオーバーを促進させることでシミを消していきます。用量を守らないことで肌の赤みなどの副作用があります。なお、ハイドロキノンは強い成分であることから敏感肌の人には使うことが制限されています。それを改善した薬剤としてルミキシルが新たな薬として処方されることもあります。肌への刺激が抑えられており、ハイドロキノンを使用することで発生していた副作用の発生も低減されています。それだけでなく、シミへの効果もハイドロキノンよりも高い結果が出ています。一方で内服薬を用いた治療においてはアスコルビン酸が処方されます。アスコルビン酸はいわゆるビタミンCのひとつです。肌には欠かせない成分であるビタミンCを補うことで改善します。これらの薬剤を使用する治療方法は薬を定められたとおりに服用するだけなのでシンプルな方法です。しかしながら使用にあたっては医師の指示を守ることが重要です。

Back to Top