気になるシミは皮膚科で治療しよう|改善方法をリサーチ

様々な治療法

カウンセリング

原因や種類に合った治療

シミがお肌にあるだけで、少し老けた印象を与えてしまいがちですよね。なんとかして改善したいものですが、化粧品やサプリメントなど自己流での治療は、なかなか結果が出ない事も多いものです。色々自己流の方法を試して納得がいかなかった人にオススメなのが、美容皮膚科でのシミ治療です。やはり専門の医師に診療、治療をしてもらう方が、的確だとも言えます。一言でシミといっても、様々な種類のものがあり、それに適した治療法があることを知っていますか。自己判断だと、なかなか判別するのが難しいかもしれません。まず一般的なシミと言われるものが、老人性色素斑であります。この老人性色素斑は、3、40代頃から徐々に現れ始めると言われています。この主な原因は、紫外線を浴びることによりメラニン色素が増加すること、またお肌のターンオーバーがうまくいかない事によるものであります。美容皮膚科での治療では、フォトフェイシャルなどの光による治療をすることが出来ます。光をシミに当たることによって、コラーゲンが生成され、お肌のターンオーバーを正常にします。これによりメラニンを排出する作用があり、気になる部分が改善されます。レーザー治療は自宅ではすることは出来ないので、皮膚科で人気の施術となっています。次に肝斑と呼ばれるものがあります。この肝斑と言われるものは、目の下や口の周りなど、左右対称に現れるものとされています。これらも、3、40代に現れるとされています。肝斑は老人性色素斑とは原因が異なり、ホルモンバランスが大きく影響しているとされています。妊娠やピルの服用、ストレスが原因でホルモンバランスが崩れて現れることがあるようなので、皮膚科での治療法としては、肝斑にはあまり強いレーザーは適さないとされています。強いレーザーを照射すると、症状が悪化してしまうこともあります。肝斑にはトラネキサム酸やビタミンC、ハイドロキノンなどの内服薬による治療が適しているとされています。特にトラネキサム酸は、色素沈着に効果があるとされています。トラネキサム酸には即効性はないので、1、2ヶ月ほどゆっくりと心にゆとりを持ちながら治療していくことが大切です。

Back to Top