気になるシミは皮膚科で治療しよう|改善方法をリサーチ

紫外線が原因の場合

看護師

レーザーでの治療が有効

紫外線対策を怠ってしまった結果、シミが出来てしまった・・というケースは少なくありませんが、この場合は皮膚科での治療でシミを消す事が可能です。シミが出来る原因として最も多いと言われているのが、紫外線を浴びた事によるダメージでメラニン色素が増加し、肌細胞に沈着してしまったというケースです。メラニン色素がスムーズに排出されれば、肌細胞に沈着する事はありませんが紫外線を浴び続けた事で排出が間に合わなくなり、結果シミになってしまいます。皮膚科、特に美容皮膚科では紫外線が原因で出来てしまったシミは、レーザーを肌に照射する治療法を行うケースが一般的です。紫外線が引き金となり出来てしまったシミに対しては、Qスイッチルビーレーザーやヤグレーザーというレーザーを使用して治療を行います。Qスイッチルビーレーザーはメラニン色素に対して反応する作用に優れており、ピンポイントにレーザーの熱をシミに与える事が可能です。レーザーの熱が加わったメラニン色素は壊れてしまい、最終的には古い角質と一緒に剥がれ落ちる事で、シミを薄くします。ヤグレーザーはメラニン色素が沈着している深さに関係なく、レーザーの熱を与える事が出来るという特徴があります。浅い部分の肌細胞にメラニン色素が沈着しているケースだけでなく、深い部分に沈着している場合でもヤグレーザーであれば対処する事が可能です。Qスイッチルビーレーザーでの治療の場合、シミの大きさや数、深さなどによって変わってくるものの約5回から6回程度の施術で、薄くなったと実感する傾向にあります。ヤグレーザーの場合、薄いシミであれば1回レーザーを照射しただけでも、薄くなったと実感する方もいるようです。メラニン色素が肌の奥深くにある、真皮層に沈着している場合は3ヶ月から6ヶ月に1回のペースで、数回皮膚科に通う必要があります。メラニン色素が薄い場合や、浅い部分に沈着している場合は、1回のレーザー治療によって消す事もできるので、早い段階で治療を受けた方がメリットが多いと言えるでしょう。

Back to Top